fc2ブログ

アラタコウ(工藤興市・くどうこういち)のブログ

国際結婚シリーズ、エッセイ、イベント関連、小説を載せています(^O^)

【トイレ】第三話

1:22 2013/08/03

 トイレシリーズを書き始めて、妙に過去を振り返ることが多い。

 トイレにまつわる逸話が多いかもしれないが、排泄する場所が、何かが生まれる(発見)という考えがあるのかもしれない。

 変わり者と言われている俺には、トイレは汚い場所ではなく、素晴らしい場所なのだ。

 そんな感じで、美談なのかどうか分からないけど、一八歳の時に東京に上京したての俺が経験したことを書き残しておきます。

 当時、原宿という町は日曜日に歩行者天国になっていました。

 一世風靡セピアや、リーゼントにしたロックンローラーがツイストを踊ったりしていた。

 俺もパントマイムをやったりしてたんですけど、炎天下の夏の日は本当にヤバくて、軽く熱中症になりかけた。

 そんな中、代々木公園内のトイレで頭から水を浴ていると、、ある男性に出会ったんです。

 それが、今回の主役の彼。

 俺がトイレに行くと、その彼が腰をもじもじさせながらおしっこをする順番を待っていた。

 その日は、代々木体育館でイベントがあり、公園内にも屋台が出るなど、けっこう賑わっていた。

 俺は、頭に水を浴びてその場を後にしようと思っていたんだけど、彼が気になって仕方なかった。だって、いかにも漏れそうな顔してるのに、おしっこしたい老人に順番を譲っていたから。

 案の定、彼は茶色のチノパンにおしっこの地図を描いてしまった。漏らしたのだ。

 見た感じ四十代か五十代のおっさん。大人がおしっこ漏らすなんて有り得ないと思った。

 当時は若かったし、今みたいに平気で待ちゆく人に話しかけたりはできなかったが、あまりにも変な彼の行動に話しかけてしまった。

「すいません、何でおしっこ漏らしてまでして、あの老人に順番を譲ったんですか?」

 彼は言う。「若い時は親父に反発してね。家出してそのまま死んだのも知らなかったんだ。あの老人が親父に似ててね。つい順番を譲ったんだ」

 おしっこ漏らしてるただのおっさんが、えらくかっこよく見えた。

 あれから二十年以上経つが、あの時のおっさんの笑顔は忘れられない。

 今は、何処で何をしてるのかな。


大道芸・パフォーマー ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 国際結婚(韓国人)
スポンサーサイト



テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rdkudou.blog65.fc2.com/tb.php/2196-17a3dfc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)