fc2ブログ

アラタコウ(工藤興市・くどうこういち)のブログ

国際結婚シリーズ、エッセイ、イベント関連、小説を載せています(^O^)

【トイレ】第二話


 トイレ内の落書きは多種多様だ。

 エッチな落書きもあれば、意味不明な落書きもある。

 第二話は、ちょっと落書きについて書いてみたいと思う。

 俺が二十歳ぐらいの頃の話だから、今から二十四年前の話だ。

 新宿歌舞伎町という繁華街があるんだけど、一階から八階まで飲み屋が入っている雑居ビル内の一階にトイレがあった。
 
 当時、俺はホストクラブで働いており、そこそこ上位の指名数を稼いでいた。月収で言えばざっと二百万ぐらいだったかな。

 常連さんの酒の強いマダムの相手をして高級な酒を飲み続けた俺は、吐く為に一階のトイレに行った。

 店のトイレを利用するのは、常連さんの彼女に失礼だと思ったからだ(その店でトイレで吐くというのは、ホスト道ではかっこ悪いとされていて、スタッフもお客さんですら、吐くときは一階のトイレを利用していた)

 体育会系のスタッフにお客さんといえば聞こえはいいが、とにかく酒に呑まれるのは負け……そんな雰囲気が店全体にあって、店のトイレで吐こうものなら、負け犬扱いされていた。

 ここで、本題。

 しこたま酒を飲んだ俺は、一階のトイレに行って思いっきり吐いていた。

 そこにボールペンで書かれていた落書きを見たわけさ。

――流されるもよし。己がそれでいいと思うなら。道が見えないなら流されろ。それでよし。流されて自分を失うなら、もっと激流に流されろ。それでよし。川の水が冷たくて嫌なら、他の川を探せばよい。それでよし。裸で激流に流されて、肉も骨も砕けたら、真実を掴むだろう。

 俺はこの落書きを見て、泣いた。

 何故か?

 元々、ダンサーを目指して東京に来たのに、日々の生活に追われて、さらに金に目がくらんで本来したかった自分の夢がどんどん遠のいていた時期だった。

 都会の水に合わず、流され、流され続け……。

 金は沢山あるのに、心は一度も満たされていなかった。

――裸で激流に流されて、肉も骨も砕けたら、真実を掴むだろう。

 特にここに俺は反応した。自分の道を貫いていない自分が恥ずかしくなったのだ。

 一ヵ月後。

 富を捨て、俺は工場の日雇いをやり始めた。確か八時間労働で四千八百円ぐらいの給料じゃなかったかな。

 演劇学校に通うのに、そこで働くしかなかった。もう一つのバイトも蕎麦屋の出前で、時給で考えたら九百円ぐらいだったかな。

 赤坂の高級マンションから、風呂なし共同便所のボロアパートに越したけど、それはそれで楽しかった。

 今回の伝えたいこと。

 たかがトイレ内の落書き。されど、トイレ内の落書き。

 そんな感じかな。

 誰が書いた落書きだったのか、いまだに不明だが、あの落書きのお蔭で俺は変わったのは事実だ。


大道芸・パフォーマー ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 国際結婚(韓国人)

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【トイレ】第一話

2013/07/24

 もう既に誰かがやっている企画だとは思いますが、俺なりのタッチでトイレにまつわる事柄を書き連ねたいと思います。

 概要はこんな感じです。

 1、東京都内の駅のトイレや、公園のトイレなどの形状。

 2、トイレ内の落書きや、落ちていた物。

 3、そのトイレを利用する年齢層、トイレに絡んだ記事。

 4、トイレにまつわるエロス事情。

 俺的には、4を書くときに燃えるかもしれません(笑)

 基本、R18禁のエッセイになると思うので、その辺ご理解頂けたらありがたいです。

 第一話は、高田馬場という駅のトイレの形状が面白かったので、写メを載せておきます。

201307230616000 (1)

 このトイレはおしっこする場所が俺から見て左右にあるんだけど、真ん中に王様だけがおしっこするような場所があります。

 何でこんな作りになったのかは分からないけど、王様トイレでおしっこしてる人はリラックスしてるように見えました。

 ずっとトイレにいて人の流れを見ていたので、かなり怪しまれました(笑)

 こんな感じで、ゆるーく、楽しく作品展開していきます。



大道芸・パフォーマー ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 国際結婚(韓国人)

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

前のページ